豊中の歯科(歯医者)の痛くない治療まとば歯科です。詰め物や被せもの、インプラント治療など完全滅菌主義で治療を行っています。

  • 院内紹介
  • ドクター・スタッフ紹介
  • 超精密義歯
  • セラミックの被せ物
  • 診療案内
  • アクセス

ドクター&スタッフ紹介

まとば歯科のトップページ > ドクター&スタッフ紹介

「まとば歯科」の理念

最善をつくすためには、まず医療人としての自分を磨くこと。


Professional
歯科医療に携わる者として、その専門分野の知識・技術を学ぶことを常に怠ってはならない。
Practica
いくら専門知識や技術を理解しても、臨床で実践しなければ生きてこない。それらの知識・技術を臨床に応用してこそ真の医療になる。
Profitable
たとえ知識・技術を習得し、応用したとしても、その行為が正しく評価され、患者にとっても、術者にとっても有益な結果とならなければならない。それが達成されてはじめて、その臨床が継続されるのに値するものになる。


豊中・庄内インプラントセンター「まとば歯科」では、この3つを基本概念に歯科医療に取り組んでいます。
失われた機能・審美性を回復し、治療結果に“永続性 ”を持たせることで、QOL(quality of life)を向上し、すべての患者様の歯科医療に望む期待にお応え出来る、との信念を持っています。


これを現実にするために、患者様には、「十分なカウンセリング」「情報の提供」そして「最新の技術と質の高い治療」を提供し、「感謝」の気持を忘れず、地域医療に貢献することをお約束させていただきます。


人間の体や口の中は、ひとりひとり違います。それは全く同じ顔の人が存在しないのと同じです。
当然、お口に起こる問題も様々、人の数だけの「治療法」と「最良の治療のゴール」があるのです。
私は、個人個人に合った最高で最良な歯科医療、「ベター」ではなく「ベストな歯科医療」を施したいと考えています。
実際には様々な制約があり、患者様の理想を完璧に再現するのが困難なケースもあります。
しかし、それをあきらめずに挑戦することが「ベスト」な歯科医療を可能にします。


医療人として、プロフェッショナルとして「できない理由を探すのではなく、できる方法を探すこと」


言葉にすると簡単ですが、実現するのは難しく一朝一夕にはできないことです。
昨日より今日、今日より明日と、常に理想を思い描き、それに近づこうと日々努力を積み重ねることで理想が現実のものとなります。
患者様の「満足」を積み上げていくことが医療人としての社会的責任であり、結果的に地域医療を通じて社会に貢献できると信じ前進してまいります。
「ここに来てよかった。」と患者様から云われることは、私やスタッフのなによりの喜びであり、理想を追求する原動力となります。治療を成功に導く為に、私やスタッフと患者様との信頼関係を大切にしながら日々研鑽いたします。


私をはじめスタッフ全員が地域の皆様に信頼され、親しみをもっていただけるよう、医療人としての誇りを忘れず頑張ってまいりますので、よろしくお願いします。

院長紹介

院長紹介

院長あいさつ

最近患者様に「医院長の事をもっと知りたい」と言うお声を頂戴します。 治療する人がどんな人物なのか?当然の疑問だと思います。 ここで簡単に自己紹介をさせていただきます。

院長 的場 保典

認定証 平成3年・・・私立甲南高校卒業
薬剤師の両親を持つ家庭に育った為か、小学校のころから将来は医療系に進む事を意識 していました。手先が器用だった事もあり幼いころから細かい作業は得意でした。

平成4年・・・歯学部入学(朝日大学歯学部)
親元を離れた6年間の生活。
戸惑いもありましたがクラブ(日本拳法部)に没頭。
スポーツと勉学に充実した6年間を送る事ができました。

認定証 平成9年・・・歯学部卒業
大阪歯科大学に研修医として入局・・・が、出来たばかりの研修医制度のカリキュラム(学生の頃と何ら変わりなし・・・)に不満を感じ、わずか2週間で退局。 臨床の実践を身につけるため神戸の開業医に就職しました。
ここで大阪大学補綴学講座補綴認定医の松田成俊先生に師事。
全顎的、包括的治療の基礎を学びます。
この頃から「ただ治す治療」ではなく全身の一部としての調和のとれた咬みあわせの構成、審美的にも満足のいく補綴物の長期維持などをふまえた「究極の治療」を意識するようになります。
日本の歯科医学をリードする諸先生方の書籍を読みあさる日々を続けますが・・・

認定証 平成12年・・・JIADS
より実践的な治療と高度な技術を身につけるため
The Japan Institute of Advanced Dental Studies (JIADS) の門をたたきました。

2000年3月JIADSぺリオ(歯周病)6ヶ月コース終了ライセンス取得

2000年8月JIADS補綴6ヶ月コース終了ライセンス取得



2000年2月JIADS再生療法コース終了ライセンス取得

※JIADS とは日本先進医療研修施設の略称であり、その本部(IADS)はアメリカのボストンにあります。
最良の治療を追い求める日々が続きます・・・
この頃から長期維持を目標とした最良の口腔環境を構成する為のインプラントの必要性を感じずにはいられなくなりました。

認定証 平成13年・・・転機
4年間を過ごした「まつだ歯科」を退職。
その後大阪府八尾市「インプラントセンター関西」加納昌也先生に師事。
インプラントの高度技術を身につける為の日々の始まりです・・・

この時代に最新の技術による理想的な治療のできる自分自身の歯科医院を開院しようと言う思いを一層強くしたように思います。

認定証 平成16年・・・開院
いよいよ念願の開院です!
神戸の下町、商店街の中にあった実家で小、中学校時代を過ごしたせいか「庄内」の街並み、アットホームな雰囲気にひきこまれこの地での開院を決意しました。

現在も常にアンテナを張り、積極的な学会、勉強会への参加により最新、最良の治療を施す為の技術の向上、院内設備の充実を常に心掛けています。

認定証 最後に、患者様あっての「まとば歯科」です。
治療とは可能な限りの分りやすい説明、患者様の同意があってこそ成り立っていくものです。私どもは常に皆様にとっての「些細な事も気軽に相談できるホームドクター」でありたいと願っております。
感謝の気持ちを忘れず、これからも日々研鑽して参りますので宜しくお願い致します。

当院のドクターならびにスタッフは常に考えます。「この歯が自分の歯だったら・・・?」

ドクター紹介

坂本 章人

坂本 章人


経歴
2010年3月  大阪歯科大学卒業


2010年4月  大阪歯科大学 研修医


2011年4月  大阪歯科大学大学院 歯学矯正学講座 入学


2014年3月  同上 単位取得および歯学博士号取得


2014年4月〜 大阪歯科大学 病院医員

メッセージ
初めまして、矯正医の坂本章人です。

矯正治療により、かみ合わせの口腔機能面や、審美的問題をも含めた心理面を改善できるようにお手伝いをさせて頂きます。

ご自身の歯で一生過ごせるように、素敵な笑顔で過ごせるように、二人三脚でゴールを目指しましょう。
上田 純 (麻酔医)

上田 純 (麻酔医)

経歴
2002 大阪大学歯学部卒業、同歯科麻酔科入局(研修歯科医)

2004 大阪大学歯学部付属病院歯科麻酔科医員

2005 大阪厚生年金病院麻酔科医員

2006 公立豊岡病院歯科口腔外科医員(歯科麻酔担当)

2008 大阪大学歯学部付属病院歯科麻酔科医員

2010 同臨床登録医、森ノ宮医療大学保険医療学科兼任講師

メッセージ
はじまして。歯科の麻酔医の上田 純です。 インプラントなど、手術の静脈内鎮静法による全身管理を担当しております。 点滴をしながらの静脈内鎮静法での手術は、ストレスなく手術を受けていただくことが出来ますので手術後の患者様に「もう終わったのですか?」「よく眠れました」「ちっとも痛くなかったです」などと言う感想を頂戴しております。 また、全身状態にご不安のある方も、手術中は常に血圧と心電図をチェックしておりますのでご安心ください。 皆様が快適にインプラントなどの手術を受けることが出来るようにお手伝いをして参りたいと存じます。

スタッフ紹介

スタッフ紹介

八尾めぐみ/やおめぐみ(歯科衛生士)

まとば歯科が患者様にとって、少しでも身近で安心して受診して頂けるよう、日々心掛けています。
お口の事に関する疑問など、些細なことでもご相談ください。治療に対するお悩み・不安を少しでも解消出来るよう頑張っていきます!

スタッフ紹介(畠田洋美)

畠田洋美/はただひろみ(歯科衛生士)

患者様が一生美味しくお食事して頂けるよう少しでもお手伝い出来たらと思い、日々頑張っています。
まとば歯科に来院して良かったと思って頂けるような対応を心がけていますので、何かお困りのことがあればいつでもお声かけ下さい。

スタッフ紹介(簗瀬絵梨華)

簗瀬絵梨華/やなせえりか(歯科衛生士)

患者様とのコミュニケーションを大切にし、より多くの方に笑顔を届けたいです。
また、患者様を第一に考え優しく、親切・丁寧な対応していけるよう心掛けます。

スタッフ紹介(渡辺友美)

渡辺友美/わたなべゆみ
(トリートメント コーディネーター)


まとば歯科に来院した皆様が笑顔でお帰り頂けます様に、丁寧な対応を心がけて毎日頑張ります。少しでも心配な事や不安な事がありましたらお声掛け下さいね。



ページのトップへ