豊中の歯科(歯医者)の痛くない治療まとば歯科です。詰め物や被せもの、インプラント治療など完全滅菌主義で治療を行っています。

  • 院内紹介
  • ドクター・スタッフ紹介
  • 超精密義歯
  • セラミックの被せ物
  • 診療案内
  • アクセス

院内紹介

医院外観

医院外観

「まとば歯科」の入り口です。
国道176号線沿い、池田銀行の斜め向かいにあります。
庄内駅から来られる方は176号線を北に左折、50メートルほど直進し 豊南市場をこえてすぐの左手です。
色は地味ですが、この看板と歯のマークが目印です。


待合室

待合室

正面の自動ドアを開けるとこの風景が目に入ります。
毎日洗濯している「洗えるスリッパ」に履き替えて上がっていただきます。
ガラスブロックの大きな壁と天井からぶら下がったライトがお気に入りです。(よく電球が切れるのですが・・・)
中央のガラス扉が診療スペースへの入り口です。


待合室

向かって右側が待合ソファーです。
新聞、雑誌、お子様向けの絵本などを用意しております。
診療の順番が来るまでここでお待ちいただきます。


待合室

向かって左側が受付カウンターです。
治療後の精算や次回の予約をお取りします。


待合室

さらに左手奥にはパウダーコーナー。
使い捨ての歯ブラシが常備されていますので、治療の前にブラッシングをされたい方はご自由にお使いください。


診療室

診療室

診療スペースのガラス扉を開けるとこの風景。
右手には3台のチェアー(診療台)が並びます。
左手に見えるガラスの自動ドアがオペ室です。


診療室

さらに奥に進むと左手にもう1台のチェアー。
歯科衛生士が主にクリーニングや予防処置に使用します。
真っ白なタイルでできた大きな壁のさらに奥に レントゲンとCTの撮影室、技工室、院長室、トイレなどがところ狭しと並んでいます。


診療室

振り返るとこの風景。
診療中はこのような感じです。


オペ室

v

インプラントはもちろん、歯周外科や難易度の高い抜歯など 複雑な外科処置のほとんどをこのオペ室で行います。
オペでしか使わない特殊な機械が並んでいます。
オペ中に手が触れる部分はすべて滅菌処理が可能な作りになっています。

オペ室

オペ中の風景。
使用される器具のすべてが 完全に滅菌処理されています。
写真は2人ですが、難易度の高いオペでは3〜4人のスタッフがオペ室に入ることもあります。

院内ギャラリー

v v v
v v v
v
v v v


ページのトップへ