豊中の歯科(歯医者)の痛くない治療まとば歯科です。詰め物や被せもの、インプラント治療など完全滅菌主義で治療を行っています。

  • 院内紹介
  • ドクター・スタッフ紹介
  • 超精密義歯
  • セラミックの被せ物
  • 診療案内
  • アクセス

歯周外科

歯周病とは?

テレビCMや歯医者さんのポスターなどで、すっかりお馴染みとなった歯周病。でも、一体どんな病気なのでしょうか? 虫歯とは何が違うのでしょうか? 自分自身の歯で一生を過ごすために、知っているようで知らない歯周病を理解してみましょう。


日本人の80%が歯周病
歯周病とは、歯周病菌と呼ばれる特殊な細菌によって引き起こされる、歯の周りに起こる症状すべてをひっくるめたものです。虫歯と同じく感染症のひとつで、成人した日本人のおよそ80%が感染しているのだとか。つまり、誰もが感染する可能性が高い病気なのです。


プラークに潜む歯周病菌
そもそも歯周病菌とは何なのでしょう? その正体は、歯にこびりついた歯垢=プラークと呼ばれる数十種類の細菌の塊。このプラークが、歯や歯茎、さらには歯茎の中までをもむしばみ、歯そのものを支える骨をも溶かしてしまいます。プラークをためないためにも、毎日の正しい歯磨き、定期的な歯科検診はとっても大切なのです。


歯が抜けてしまう大きな原因
歯周病に感染すると、歯茎が腫れるため、歯と歯茎の間にあるすき間=歯周ポケットが深くなっていきます。歯周ポケットが深くなると、歯の根っこに近い部分へ、どんどんプラークがたまっていきやがて、歯を支える骨をも溶かしてしまいます。歯茎の腫れは慢性化し、出血するようになり、最終的には歯が抜けてしまうのです。


こんな人は要注意!!
歯周病の原因はプラークだけではありません。身体の抵抗力を下げると言われているニコチンを含むタバコを吸っていたり、磨き残しに繋がる歯並びの悪さ、歯に必要以上の圧力をかけてしまう歯ぎしりなども、原因のひとつです。かみ合わせや歯並びが気になる方は、一度歯医者さんに相談してみましょう。予防は、歯周病にならないための第一歩です。

段階別歯周病

ひとくちに歯周病と言っても、段階によって、症状は様々です。「もしかして、歯周病かも」と思った方は、自分がいまどの段階にいるか、そのまま放置していればどうなるかを知る目安にしてみてください。
  初期 歯肉炎 歯周炎 重度
歯の状態 歯の状態 歯の状態 歯の状態 歯の状態
自覚症状 特になし ほとんどなし
歯茎が腫れていると感じたり、まれに歯磨きで血が出る
歯がグラグラする
歯茎が垂れ下がり、歯が長く見えるようになる
歯茎から膿が出る
歯がグラグラする
歯が抜ける
歯周ポケット   3mm以内 4〜7o 6〜8o以上
治療 プラークコントロールを学ぶ
歯のクリーニング
プラークコントロールを学ぶ
歯石除去
プラークコントロールを学ぶ
歯石除去
歯周ポケットにたまったプラークの除去
骨を再生したり、歯茎を切り取って歯の根っこの部分を治療する、歯周外科での治療が必要
日常的に行う正しいブラッシング 歯医者さんでの定期検診(3〜6か月/1回) 歯医者さんでの定期検診(3〜6か月/1回) 歯医者さんでの定期治療
重度の歯周病の、心強い味方 歯周外科とは、万が一重度の歯周病にかかってしまった際に、歯茎や溶けてしまった歯を支える骨を再生する手術・治療をしてくれるクリニックです。 もしも歯周病の症状が重度にまで進行してしまったら、すぐにご相談ください。

治療の流れと歯周外科

歯周病を防いだり、歯周病の進行を食い止めるには、歯医者さんで専門的なケアを行うのがいちばん。正しいブラッシングのレクチャーから、重度の歯周病治療まで、幅広く対応してくれます。歯周病が気になったら、まずはお近くの歯医者さんで最適なケアを。

歯周病治療の流れ
STEP1 診察
症状のヒアリング
 
STEP2 検査
レントゲン
・歯周ポケットの有無
・歯茎の状態のチェック
 
STEP3 抜歯
・回復不能な歯の抜歯
※初期段階の場合を除く
 
STEP4 プラークコントロールについて指導
・ホームケアのヒント(ブラッシング)ほか
 
STEP5 スケーリング(歯石除去)
・ブラッシングでは取れない歯石の除去
 
STEP6 ルートプレーニング
・歯茎に隠れた歯の表面までもつるつるに
 
STEP7 歯周外科手術、歯周組織再生療法
・歯を支える骨や、歯茎が重度の炎症をおこしているときに
※STEP6まで行っても改善されないとき
※歯周組織再生療法を行えば、抜歯した箇所へインプラントをすることも可能です。
 
  治療名 内容 時間
歯を支える骨が残っているとき 歯周外科手術 歯茎を切除し、歯茎の内部の骨までプラークを除去 1時間程度
歯を支える骨が溶けてしまったとき 歯周組織再生療法 歯茎の下で溶けてしまった骨を再生させる 治療範囲による

歯周外科とはどんな治療?

プラークコントロール・・・初期〜重度まで
歯に付いたプラークを減らすこと。クリニックでは、自分の歯と歯茎にあった歯ブラシの選び方から、正しい歯磨きの方法をレクチャーしてくれます。その他、デンタルフロスによる歯間のプラークの取り方、クリニックでの歯のクリーニング(歯磨きではとれなかったプラーク、歯石、色素沈着(茶渋やヤニ)などの除去。PMTCとも呼ばれる)などもプラークコントロールのひとつです。


スケーリング・・・初期〜重度まで
歯の表面に付いた歯石を、スケーラーと呼ばれる専用の機械で取り除くこと。歯石が付くと、歯の表面はザラザラになり、プラークがつきやすくなります。ザラザラになった歯をつるつるに戻すことで、プラークがつきにくい状態を保つ治療です。目安としては、3〜6ヶ月に1回の治療と言われています。ただし、お口の状態によって個人差がありますので、歯科医に提示された期間を目安にしてください。


ルートプレーニング…歯周病〜重度まで
歯根部と言われる歯茎から下の見えない部分まで歯石や付着物などをとり、表面をつるつるにすること。ルートとは、歯の根っこの意味です。歯周ポケットが深くなると、ルート部にもどんどん汚れがたまりますので、除去が必要になります。スケーリングは、歯の見えている部分、ルートプレーニングは、見えていない部分と覚えておきましょう。症状が進行していない場合は、スケーリングだけの治療となります。


歯周外科…重度
スケーリング、ルートプレーニングなどを行っても症状が改善される場合に行う治療で、外科という名が示すとおり、手術が発生します。もっとも一般的に行われる治療はフラップ手術と言われるもので、麻酔をして歯茎を切り、歯の根っこや歯を支えている骨についた汚れやプラークを除去したり表面をつるつるにし、元通りに歯茎を縫って終了です。そのほか、炎症をおこした歯肉を完全に除去してしまう手術もあります。手術を行うと歯周ポケットが消え、健康的な歯と歯茎の状態へと改善されていきます。


歯周組織再生療法…重度
歯周病が重度まで進行すると、歯はグラグラになり、最悪の場合抜けてしまうことも。これは、歯周病菌が歯を支える骨を溶かしてしまったために起こりうる症状です。改善のためには、歯周組織再生療法と呼ばれる治療を行います。この治療を行うためには、まずは進行してしまった歯周病を改善する必要があります。
歯周組織再生療法の種類


GTR法…
人工の膜で歯槽骨(歯を支える骨)が再生するスペースを作り、骨の再生を誘発させる方法
エムドゲイン法…
子供のころに歯が生えてくる際に重要な役割を果たした特殊なタンパク質、エナメル基質タンパク質を用いて歯周組織の再生を誘導する方法
骨移植法…
骨がなくなった部分に患者さん自身の骨や人口骨など、直接骨を埋め込む骨移植法
※これらの治療方法を症状によって、組み合わせて用いる方法もあります。

やっておきたいセルフケア

完治することがないと言われる歯周病は、できればかかりたくないものですね。そのためにはプラークコントロールをはじめとする予防策が必要不可欠です。かかりつけの歯医者さんと協力して、後悔しないための歯周病対策を始めましょう。


■正しいブラッシング
誰もが毎日行う歯磨きですが、正しく磨けている自信はありますか? 虫歯になっていたり、歯周病が疑われる症状が出ている場合は、正しく磨けていないしるしです。早速、正しい磨き方を歯医者さんに教えてもらいましょう。
【歯医者さんで教わること】
1.自分の歯にあった歯ブラシの選び方
2.正しい歯の磨き方と順番
3.デンタルフロスなど、歯ブラシ以外を使った磨き方


■定期検診
自分でも磨ききれない部分や磨き残しは、歯医者さんで定期的にチェックしてもらうようにしましょう。お口の状態によっても異なりますが、定期検診の目安は、3〜6か月に1回と言われています。かかりつけの歯医者さんに言われた期間を守って、定期的に受診するようにしましょう。



【定期検診で行うこと】


1.お口の中をチェック
新しい虫歯はできていないか、歯周病が進行していないかを調べます。また、自身で行うプラークコントロールがきちんとできているかどうかも調べ、指導します。


2.PMTC
Professional Mechanical Tooth Cleaning(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)の略。歯医者さんが機械を使って歯をきれいにしてくれることを言います。磨き残したプラークもすっきりきれいに。


3.スケーリング
歯にこびりついた歯石を取り除きます。プラークは普段の歯磨きでとることができても、固い歯石はとることができないため、歯医者さんでの治療が必要です。
その他、虫歯ができやすい人にはフッ素を塗ったり、必要に応じて治療が入ります。


■生活習慣の見直し
歯周病は病気の一種のため、抵抗力が弱くなっているとかかりやすくなりますし、進行も早くなります。生活習慣を見直して、歯周病に負けないからだ作りを心がけましょう!


1.バランスのとれた食事を心がけましょう!
歯周病の原因であるプラークは、糖分をエサにして増えていきます。そのため、糖度の高い食事や、高カロリー、塩分過多な食事は控えるようにしましょう。


2.よく眠る
睡眠時間が短いと、人間の抵抗力は弱まってしまいます。抵抗力が低下するということは、いろんな菌に侵されやすい状態になるということであり、当然歯周病にもかかりやすくなります。たっぷりとした睡眠をとって、十分な体力をつけましょう。


3.ストレスをためない
ストレスがたまると、寝ている最中に歯ぎしりをしたり、歯を食いしばることが増えてしまいます。歯に余分な力をかけるということは、歯を支える骨全体にも圧力をかけてしまうので、歯周病の進行を早める原因になりかねません。


4.運動する
適度な運動は、丈夫なからだ作りにかかせません。それに、運動をすることでストレス発散にも繋がりますし、適度な疲れが深い睡眠効果をもたらしてくれます。直接的な予防策ではありませんが、運動も必要不可欠なのです。


5.禁煙しよう
たばこを吸っている人は、吸わない人に比べ、歯周病になるリスクが高いと言われています。また、たばこを吸うことで抵抗力も下がりますので、仮に歯周病になってしまって治療にあたったとしても、治るスピードが吸わない人に比べ遅いのも事実です。もしもたばこを吸っていたら、これを機に禁煙を考えてみてください。


歯周病に負けない歯をつくるには、毎日のケアと予防が大切! かかりつけの歯医者さんと二人三脚で、健康で美しい歯をキープしていきましょう!



ページのトップへ