豊中の歯科(歯医者)の痛くない治療まとば歯科です。詰め物や被せもの、インプラント治療など完全滅菌主義で治療を行っています。

  • 院内紹介
  • ドクター・スタッフ紹介
  • 超精密義歯
  • セラミックの被せ物
  • 診療案内
  • アクセス

欧米のような予防中心型システム

まとば歯科のトップページ > 欧米のような予防中心型システム

欧米のような予防中心型システム

予防に勝る治療はありません。
日本国民の予防に対する認識は非常に低く、虫歯が出来るのは仕方ない・・・
年を取ったら入れ歯は当たり前・・・
などといった考えが蔓延しています。

その結果 80歳での残存歯数は先進国の中でも最下位です。
(日本・・8本、アメリカ・・17本、スウェーデン・・20本)


一生涯、自分の歯で過ごすために・・・

従来の治療中心型歯科医療(日本型)から 予防中心型歯科医療(欧米型)へ。 痛くなってから歯科に行くのは過去の話です! 健康な自分自身の歯を維持するためには予防処置が重要です!


〇治療中心型歯科医療とは

痛くなったり、詰め物が外れたり。トラブルが起こってから歯科医院に行く、昔ながらの日本の歯科へのかかり方。

〇予防中心型歯科医療とは

お口全体を健康な状態に治療し、その後トラブルが再発しないよう定期的に検査、クリーニングを行い予防管理していく欧米型の歯科へのかかり方。


日本の歯科医療受診状況は先進諸外国に比較し検診の受診率が極めて低く、総受診人数の8割程度が治療のための受診です。さらに治療受診の7割が再治療のための受診なのです。

日本では患者が健康を維持増進するための予防を行うすべを知らず、また医療従事者においてもケアに重きを置かないという状況があり このことが再治療の繰り返しという現状を引き起こしています。


<予防中心型歯科医療のメリット>

1.治療時間
2.治療回数
3.治療費
4.治療時の苦痛
5.生涯で失う歯の数

これらが最小限ですみます。
お口のトラブルは初期に自覚症状が少ないのでつい歯科受診のタイミングが遅れがちです。
発見が遅れれば遅れるほど1〜5がかさんでいきます。
歯や歯周組織を破壊していく原因(細菌、悪い噛み合わせ、不良修復物、生活習慣、全身疾患etc)を取り除き、定期的な検査とクリーニングをしてこれからの治療を最小限に抑えていくことが重要なのです。


<虫歯や歯周病の予防法>

〇PMTC

ご自宅で行うブラッシングだけでは除去できない歯石などの汚れ 虫歯や歯周病を引き起こす様々な細菌は複雑に絡み合い共同体を形成します。
しかもこれらの「細菌の共同体」はネバネバとした粘液状の「よろい」に守られています。
この「よろい」を「バイオフィルム」と言います。
このバイオフィルムは洗口剤やブラッシングだけでは破壊できないのです。


現在このバイオフィルムを除去し、虫歯や歯周病予防に最も効果的な方法が「PMTC」なのです。

PMTCのステップ

1.プラークの染め出し
2.研磨剤の塗布
3.頬舌側面、咬合面の清掃研磨
4.隣接面の清掃研磨(専用のラバーカップやチップ、ブラシを使用)
5.歯面、ポケット内の洗浄
6.フッ化物の塗布

PMTCは3〜6ヶ月ごとに定期的に行います。
1回の処置にかかる治療時間は30分〜1時間です。(患者様の口腔内の状況により異なります)

PMTCは治療ではなく「予防処置」です。
歯を削るようなことはありません。
非常に気持ちよく爽快感が味わっていただけます。

〇フッ化物塗布


<フッ素の主な効果>

@ 『再石灰化の促進』
一度溶けてしまったエナメル質が再び結晶化するように、促進する働きがあります。

A 『歯質強化』
乳歯や萌えたての永久歯の表面のエナメル質は、まだ未熟で結晶が弱いのです。その結晶の中にフッ素が入るため結晶が安定し、酸に溶けにくくなります。

B 『細菌を弱らせる』
歯垢(プラークの)の生成を抑え、むし歯菌を弱らせます。むし歯菌が出す酸の量を減らすことで、むし歯になりにくくなります。

萌えたての歯は大人の歯と違い、表面がでこぼこしている為、フッ素を多く取り込むことができ、最も効果的にフッ素を使えます。
つまり、フッ素は乳歯の時期や、永久歯に萌えかわる時の塗布やイオン導入が最も効果的ということなのです。
そして、イオン導入はその後の飲食がすぐにできるので、いままで我慢できなかったお子さまにも嬉しい方法です。


〇「殺菌水」による口腔内殺菌

「殺菌水」のコーナーにて詳しく説明をさせて頂いてます。

「まとば歯科」では虫歯や歯周病など 用途に合わせ2種類の「殺菌水」を用意しております。

水と塩を原料に生成しますので、お子様にも安心してお使いいただけます。



ページのトップへ