豊中の歯科(歯医者)の痛くない治療まとば歯科です。詰め物や被せもの、インプラント治療など完全滅菌主義で治療を行っています。

  • 院内紹介
  • ドクター・スタッフ紹介
  • 超精密義歯
  • セラミックの被せ物
  • 診療案内
  • アクセス

まとば歯科のレーザー治療

まとば歯科のトップページ > まとば歯科のレーザー治療

レーザー治療の効果について

レーザー歯科治療は、患者様にやさしい最新の治療方法(先進医療技術)で、従来の治療方法に比べて痛みや不快感が少なく、治癒が早いなど多くのメリットがあります。


「まとば歯科」では、高パルス型の最新のエルビウムヤグレーザー(Er:YAGレーザー)を使用しています。

(※モリタ社製のEr:YAGレーザー アーウィンアドベール)


歯科用レーザー装置は数多くありますが、その中でもこのEr:YAGレーザーだけが厚生労働省に認可された歯を削ることのできる唯一のレーザーです。


Er:YAGレーザーは、虫歯や歯周病、根管治療、口内炎、知覚過敏などの治療や、歯肉のメラニン色素除去や軟組織の切開などに使用できます。

レーザー治療の効果について

エルビウム ヤグEr:YAGレーザー治療の特徴

○痛みがほとんどなく、麻酔の必要性が少ない
Er:YAGレーザーは、組織の表面のみに作用するため発熱が少なく、痛みが非常に少ないレーザーです。注射麻酔をする必要性が少なく、無麻酔または塗るタイプの麻酔(表面麻酔)で治療が可能です。


○殺菌効果があり、治癒が早い
レーザーの熱作用により、虫歯菌や歯周病菌を殺菌することができるため、虫歯や歯周病、歯の根の治療に効果があります。また、Er:YAGレーザーは、他の歯科用レーザーより周囲への熱の作用が極めて少ないため、歯肉を切開した後も傷が早くきれいに治ります(炭酸ガスレーザーのような表面の黒焦げや熱変性などがほとんどありません)。


○不快な「キイーン」という音や 「ガリガリ」という振動がありません。
Er:YAGレーザーは、歯を削ることのできる唯一のレーザーです。過去の治療で経験したドリルによる「キイーン」という音や 「ガリガリ」という振動が苦手な方には最適な方法です。レーザーで虫歯の部分だけを取り除くことができるため、健全な部分を多く残すことができます。


○安全性が高い
レーザー治療は、妊娠中の方や高血圧、心臓病(ペースメーカー)の方でも安心して受けられる治療法です。さらに、Er:YAGレーザーは、生体組織の表面の水分に反応するため、他のレーザーのような透過光による組織深部への影響が少なく、安全性の高いレーザーです(様々な使用目的と効果・効能が薬事承認されているレーザーです)。


○口内炎や知覚過敏の痛みを除去できる
口内炎や知覚過敏は、通常数回のレーザー治療で痛みを取り除くことができます。




歯科で使用されている主なレーザーには、

  • ・炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)
  • ・エルビウムヤグレーザー(Er:YAGレーザー)
  • ・ネオジウムヤグレーザー(Nd:YAGレーザー)
  • ・半導体レーザー
などがあります。


これらのレーザーはすべて波長が異なり、レーザーの性質(水に対する吸収特性)も違います。人の体は多くの水を含んでいますので、このレーザーの性質の違いにより、各レーザーの体への作用も異なります。




CO2レーザー、Nd:YAGレーザー、半導体レーザーは、歯肉や頬粘膜などの軟組織にしか使用できませんが、水への高い吸収性があるEr:YAGレーザーは、軟組織だけでなく、歯や骨、歯石などの硬組織にも使用することができます。

「まとば歯科」に導入されたレーザー治療器は、エルビウムヤグレーザー(Er:YAGレーザー)です。
このエルビウムヤグレーザー(Er:YAGレーザー)だけが硬組織治療(虫歯治療)に使用が可能なのです。

各種歯科用レーザーの生体への熱伝導について

Er:YAGレーザーは、体の表面にのみ反応します。

Er:YAGレーザーは、蒸散という反応が照射部の表層に限定されて行われるため、他のレーザーのように透過光による組織深部への影響が少なくてすみます。

またエナメル質にクラックが起こりにくい、熱の発生が微小、痛みが非常に少ないなども魅力の一つです。


多彩なチップラインナップ

13種類もある多彩なコンタクトチップにより、軟組織から硬組織まで幅広い治療に対応できます。




☆様々な使用目的と効能・効果が、薬事承認されています。


主な使用目的と効能・効果



ページのトップへ