豊中の歯科(歯医者)の痛くない治療まとば歯科です。詰め物や被せもの、インプラント治療など完全滅菌主義で治療を行っています。

  • 院内紹介
  • ドクター・スタッフ紹介
  • 超精密義歯
  • セラミックの被せ物
  • 診療案内
  • アクセス

MI(ミニマムインターベーション)

まとば歯科のトップページ > MI(ミニマムインターベーション)

MI(ミニマムインターベーション)

MI(Minimal Intervention)とは最小侵襲治療と言い、2000年に「国際歯科連盟」により提唱された、出来る限り患者様の歯を削ったり抜いたりすることなく治療を行い、出来る限り多くの歯を残す事により、歯の寿命を延ばすと言う考え方です。

一度削ってしまった歯は二度と再生することはありません。
また、どんなに高価な最新の材料で歯を作ったとしても それはあくまでも人口的なものであって本来の自分自身の歯に勝るものはありません。
だからこそ「MI治療」では「歯を削る量を限りなく少なくし、今ある歯を大切にする」という考え方をします。


虫歯治療を例に挙げましたが、「本来の自分自身の歯に勝るものはなく 自分自身の歯を可能な限り保存する」という考え方は 「まとば歯科」におけるあらゆる治療に共通する考え方なのです。


<MI治療の長所>

1.歯を削る量が少なくてすむので、自分の歯を守ることができます。
2.歯の神経を取ることが少なくなります。
3.麻酔することが少なくなり患者様の負担が少なくなります。
4.必要以上に組織を傷つけないので治療中の痛みが最小限に抑えられます。
5.治療内容によっては治療回数が少なくてすみます。

<MI治療の短所>

1.神経を残すので、治療後まれに痛みが出ることがあります。
2.軟化した歯の質を残すことがあるので従来の方法より詰め物の接着性が弱くなる可能性があります。
3.適応症が限られており、すでに自発痛が出ている場合には適応できません。

<MI治療の特徴>

通常の歯科治療では 虫歯があると予防の意味で虫歯になりやすい健康な部分も含めて削ったり、神経に近く痛みの出る可能性のある歯は神経を取る治療を行います。
これは一度治療した歯が再び虫歯になったり、痛みがが出たり、詰め物が外れたりするトラブルを避けるために行う処置です。

それに対して優れた治療法である「MI治療」があまり浸透していないのは、歯科医師にとって利益が少なく、時間がかかり、さらに複雑な手技や設備投資が必要だからではないでしょうか。

「MI治療」では虫歯でも再発の可能性の少ない歯質や、薬で殺菌できる歯質は残します。神経に近い大きな虫歯でも神経を残すことを最優先に考えます。
そのため詰め物の接着性が弱くなる可能性があり、詰め物がとれたり 神経の免疫力や回復力が十分に働かず後に痛みが出ることもあるので 患者様の理解が必要不可欠なのです。
本来のMI治療とは生体の持つ自然治癒力を期待する治療です。


<MI治療で使用する機材と薬剤>

ここでは「MI治療」に使用するさまざまな材料を紹介します。


○ダイアグノデント

MI治療のコンセプトのもとに生まれたダイアグノデントは、歯質に当てたレーザー光の反射を利用し、歯質の変化を高精度で解析。
視診・触診やX線などによる診断よりも高い確率で初期虫歯を発見します。
特に見つけることが困難とされる臼歯部裂溝の診断に有効で、患者さんのカリエスリスクを考慮しながら予防(再石灰化など)や処置・管理(最小限の切削)を行うことができます。
MI治療を実践する私たちにとって、ダイアグノデントは欠かせないレーザー診断機器となっています。


ダイアグノデントの利点
・歯の溝における診査診断の改善
・わずかな歯の変化も早期・初期段階で発見できる
・精密な治療行為の質の向上
・適切な予防処置の確認


通常、歯科で行われている探針による診査では ごく細い虫歯の診断やしずく形状の溝の診査は不可能です。
ダイアグノデントは、レーザー光を反射させて蛍光測定を行うので、歯の溝がどんなに複雑でも診査可能です。
また溝の深さや虫歯の大きさを数字で表すことができます。


○虫歯検知液(カリエスディテクター)

虫歯になった歯質と健康な歯質を正確に見分けるためのツールです。 虫歯になった歯は組織が軟化しているため、やわらかい部分だけを削り取るのが従来の方法でした。 ところが軟化した歯質と健康な歯質は視覚的な差がないため 虫歯を取り残したり、健康な歯を削りすぎたり・・・
正確に虫歯を見分けるために、この虫歯検知液を使用し虫歯を染め分けることで歯質の判別の指標とするのです。
このカリエスディテクター判定法を用いた治療は悪い歯質だけを削るので、削除量を最小限に抑え、歯質の保存効果も高くなります。


○MIバーキット

MIの実践をより容易にするために考案されたバー(歯を削る機械の先につける小さなドリル)で、マイクロプレパレーションバーとも言われています。

MIダイヤモンドバー

バーの先の削る部分を可能な限り小さくし、ネックの部分を長く、細く設計してあります。小回りがきくので、小さな溝の虫歯や狭い場所の虫歯に威力を発揮します。
その結果、最小限の削除量で処置できます。

MIスチールバー

軟化した歯質の除去に適したスチールを採用することで健康な歯質は削れず、軟化した部分だけを選択的に除去できます。
ネック部分が細く小さな虫歯も効率よく処置できます。


○ドックベストセメント(Doc's Best Cement)

(平成23年3月にTV「スーパードクター」でも紹介されました。)
従来の治療では、神経の近くにまで進行した虫歯の治療は神経を取る治療しか選択肢がありませんでした。
ドックベストセメント法は感染歯質をすべて除去すると神経に達する場合、わざと感染歯質を残し、薬効低下がなく半永久的に殺菌効果が続くドックベストセメントを置くことにより歯質内の虫歯を無菌化し、神経を残すことを可能にした治療法です。


○3MIX-MP法

メトロニダゾール、ミノサイクリン、シプロフロキサシンという3種類の抗菌剤を調合し、マクロゴールとプロピレングリコールという2つの基剤を混ぜることで、抗菌剤が患部に効率よく届くように考えられた薬剤。
神経に近い虫歯に対し、感染歯質をすべて取り除かずに神経を保存。
この3MIX薬剤で虫歯菌を殺菌して自然修復を期待する方法です。



ページのトップへ