豊中の歯科(歯医者)の痛くない治療まとば歯科です。詰め物や被せもの、インプラント治療など完全滅菌主義で治療を行っています。

  • 院内紹介
  • ドクター・スタッフ紹介
  • 超精密義歯
  • セラミックの被せ物
  • 診療案内
  • アクセス
まとば歯科のトップページ > 痛くない治療を心がけています

痛くない治療を心がけています。

まとば歯科が選ばれる理由

痛くない麻酔を初めて経験される患者様の自然な疑問だと思います。

患者様の中には
「まとば歯科の麻酔は注射じゃないから・・・」
と言って、
家族や知人を紹介してくださる方もいらっしゃいます。
麻酔をした事に気付かないお子様も・・・

結論から言います「注射です」。 しかし、患者様が注射であると気付かないほど 痛みのない 麻酔なのです。
「痛み」をコントロールするには、まず「痛み」について熟知する必要があります。
簡単に説明します。 麻酔の際の「痛み」の原因は、大まかに3つに分けられます。

1.注射針 刺入時の「チクッ」とする痛み。
2.麻酔の薬と体(体温)との温度差。
3.麻酔の薬が入っていく時の圧力。

この3つの原因のすべてをコントロールすることで麻酔は痛くない治療になります。
では具体的に説明します。

1.の刺入時の痛みに対しては「表面麻酔」を使用します。

手術が痛いのが気になる方へ2

実際は「表面麻酔」だけでは痛みはなくなりません。
「まとば歯科」では感覚の鈍い粘膜に特別な「表面麻酔」を使用し、さらに「痛み」を感じさせないテクニックを併用することにより刺入時の「痛み」をなくしています。




手術が痛いのが気になる方へ3

麻酔に使う針も 市販されている物の中で最も細いサイズの物を使用します。



2.の温度差に対しては、麻酔の薬の入ったカートリッジを専用の機械

手術が痛いのが気になる方へ4

で体温とほぼ同じ36°に温めています。

麻酔の薬は患者様によって2種類を使い分けます。



3.の圧力に対しては専用の電動注射器を使います。


手術が痛いのが気になる方へ5



昔の歯医者さんは手の握力だけで麻酔を行っていましたが、この電動注射器を使用することで刺激のないスピードと圧力をコントロール出来るのです。


「まとば歯科」では麻酔の必要なすべての治療で、このような麻酔を行っています。 今までの「麻酔」に対するイヤなイメージがなくなれば幸いです。



ページのトップへ